アスペルガー症候群とは、発達障害の一つで子どもにも大人にも当てはまる障害です。

アスペルガー症候群を理解しよう

アスペルガー症候群とは発達障害の一種です。アスペルガー症候群の原因はまだ不明ですが、100人に1人ないし2人の割合で発生し、成長とともにその症状が変化していくのが一般的です。

アスペルガー症候群の症状は大きく分けて3つであり、一番顕著なのは対人的な障害です。いわゆるコミュニケーションが下手で自分の思っていることを人に伝えにくい、人の考えを理解しにくいといった兆候が見られます。

次に特定のものや事象にとらわれやすく物事に柔軟に対応するのが下手という症状です。このため社会性の欠如といった評価を受けてしまいます。また変わった日常の癖にこだわり、掌をひらひらさせるような行動をするようなことが現れることもあります。このような症状のチェック方法はある程度確立しています。見つかったとしても原因も分からず根本的な治療法はありません。トレーニングにより症状を和らげて生活しやすくできるようにするという方法が一般的です。

アスペルガー症候群の人はいわゆる変わった子供として本人が悩むこともありますが、知的な面での障害は伴わないので、次第にそれに合わせた生活をすれば生活上は困難を伴わないことも多いようです。特に職業はその症状に合った職業を選ぶことにより社会生活上困らないようにでき、かえって能力を発揮できることもあります。アスペルガー症候群をよく理解して克服していきましょう。